まさに髪頼みのプロペシア|全力で薄毛を阻止するフィンペシア

AGAの原因物質を阻害

プロペシアとは、米国で研究が進められ開発誕生したAGAの治療を目的とする経口内服剤であり抗アンドロゲン剤の一種とされ薄毛の仕組みとなる雄性ホルモンテストステロンをDHTに変換させる作用を持つ?型の5α-還元酵素を阻害する事で原因物質の産生を阻害する事が出来る効果を得る事が出来るとされます。

また成分フィナステリドは異なる治療に用いられる事がありプロスカーという商標の製品がありこれは前立腺肥大の病状進行を抑制する事が出来る薬剤となり悪化の危険性を低減させる事の出来るとされています。

上記記載の通りフィナステリドは前立腺肥大を治療出来る成分でもあるとされていますが、本来開発された目的はこちらでAGAは二次的効用として副作用の中から発見された多毛症から研究が進められ誕生したのがプロペシアでなります。

1992年からプロスカーは誕生しており本剤が承認されたのは世界的には1997年、国内では遅れる事八年の2005年に0.2mgと1.0mgの錠剤の承認が認められ現在では承認している国は60カ国を超え世界的に見ても医師が初めて処方する経口内服により発毛の効用を期待する事の出来る薬剤とされています。

また同一フィナステリドを用いたフィンペシアという未承認薬が低価格である事を理由に内服する方も多いですが、2016年の現在では異なる製薬会社から正式に承認されている後発薬が誕生しているので自費負担額も下がり、フィンペシアを個人で輸入する必要も無くなっており輸入の手間と未承認とされるフィンペシアを内服してAGAの治療を行う必要性は今では余り無いとされます。

プロペシアは多くの臨床試験を繰り返した結果、七割の方に有効性を示し発毛が見られる方あるいは症状の進行遅滞に成功する方も多く中でも30~40手前の年代の方により高い効果を発揮すると結果もありますが、残りの三割の方には全く作用を示さない事もあるので内服する事で必ず発毛を約束出来る薬剤では無いという事には留意の必要があります。